FC2ブログ

万年筆のインクはなぜ「ブルーブラック」?

どもどもー、おーくぼです(._.)ペコリ

万年筆といえば、金色に輝くペン先に濃淡の美しいブルーブラックインク。
そう、万年筆のインクで定番とされるのが「ブルーブラック」のインクです。

NCM_0237.jpg

――え、なぜ「ブラック」ではなく「ブルーブラック」なのかって?

んーとね…カッコイイカラ?(・v・;) ←違います

■ もともとは“暗号用インク”だった!?

そもそも、筆記具(いわゆる付けペン)が使われ始めた当時のインクといえば、煤や弁柄などを水に溶いた顔料インクでした。
ところがこの顔料インク、万年筆(=インク内蔵型のペン)に入れると、すぐに目詰まりを起こして書けなくなるのです…orz

そこで注目されたのが、古代より戦の時などの“暗号”に使われてきたインクでした。
固まりにくく戦場で用いられることが多かったそのインク、書いた時は無色透明、時間経過とともに酸化して黒く現れ、消えにくくなるというまさに秘密のインク!(゜O゜)

blueblackink.jpg


タンニンや鉄さびが含まれているこのインク、時間が経って酸化したあとは、少々の水や光にさらされても保存性が高いというスグレモノです。

…とはいえ、普通に書きモノをしたい場合は無色透明では困りますよね(^^;)
インク長期保存のため、インクには硫酸が使われていました。そこに、同じ酸性の性質を持つ「藍(インディゴ)」を加えることで、ついに万年筆用のインクができたのでした!
(他の染料では、強い酸性に負けて発色しなかったのです…)

インディゴにより着色されたインクは、書き出しは鮮やかなブルーで、酸化すると黒っぽくなります。
そう、これが現在にも多く使われている「ブルーブラック」!
「かっこいいから」じゃなくて、「必然」だったんですね。

続きを読む

スポンサーサイト

書けなくなるのが早い!? ホワイトボードマーカーの謎

おーくぼです(._.)ペコリ

ホワイトボードマーカーって、結構早い段階でインクが薄くなる気がしません…?

そのボードマーカー、もしかしたら“意外な理由”で書けなくなっているのかもしれません。
思い出してみてください、ホワイトボードマーカーは普段どのように置いてますか?

wbm_1.jpg


さて、あなたはどちらでしょう?

Aの“整理整頓”派なあなた。
    ・
    ・
    ・
それが書けなくなる理由かも!?m9(;`Д´)


■ ホワイトボードマーカーは立てちゃダメ!

なぜ整理整頓がダメなのか!?
実は“整理整頓”がダメなのではなく立てて保管しているのがダメなのだ!

ホワイトボードマーカーのインクには、ホワイトボードからインクがはがれるようにする剥離剤や、インク色の素である顔料などが、溶剤(アルコール)に混ざっています。

このインク、状態は泥水と一緒です。
「泥=顔料、水=溶剤」とお考えください。
泥水は時間が経つと泥が下にたまり、上澄みができますよね。

wbm_2.jpg


マーカーを立てたまま保存していると、顔料がだんだんと下にたまってしまうのです。
そのため、書こうと思うとでてくるのは溶剤ばかり…。
アルコールのにおいはするんだけど、色が薄い…というのはこの状態なのですね(;´Д`)

実は各メーカーが出しているホワイトボードマーカーを見てみると、立て置きできないようにおしりの部分が丸くなっていたり不安定なものが多いんですよd(-v-)シッテタ?

wbm_3.jpg


結論。ホワイトボードマーカーは、横置きで保管が最適!
明日から堂々と横置きしてください!

今更聞けない…「万年筆って何?」

どうもこんにちは、おーくぼです(._.)ペコリ

このブログを読んでいただいている皆さまの中にも、万年筆を使ったことのない方がいると思います。

よく初めて会う方や友人に仕事のことを聞かれて、万年筆の話になると「万年筆って、インクつけて書くやつだよねー。めんどくさくないの?」と言われるおーくぼ。

羽のペンをインクにつけて…みたいなのをイメージしている様子。
確かにねー、インク瓶と一緒にセットになってるイメージだよねぇ(;´▽`)

…ていうかそもそもわたしもこのお仕事につくまで漠然としたイメージしかなかった万年筆。
あらためて、万年筆とはなにかを見て行きましょう↓↓↓


■ 万年筆≠付けペン

インクにペン先をつけて書くガラスペンなどとは違い、万年筆は≪インク内蔵型≫のペンを言います。
平たく言えば、ボールペンなんかと同じなのですっ d(・v・)
ちなみにパーツはこんな感じ↓

parts_01.jpg


parts_02.jpg



インクカートリッジとコンバータは、日本の場合メーカーによって規格が違いますのでご注意を☆
(海外メーカーのものは海外規格統一されているのでいいのですが、日本は違うのです…)


■ どれを選べばいい?

「万年筆って、何を選べばいいのかわからない(-_-)」

見た目で選んでいいのかなぁ…
でもかっこいいのは高いし…
同じ形に見えるんだけどなにがどう違うんだろ…
みたいな(笑)

まずは「万年筆だから…」といって力まずに、日常的に使う「筆記具」として考えればいいと思います(・v・)

まずは、普段お使いの文具を思い浮かべてみてください。
ペンは何ミリの字幅を使っていますか?
字は小さい?大きい?
筆圧は高い?低い?

万年筆には、ペン先の字幅がいろいろあります。
いつも0.7mmくらいのボールペンをお使いなら「細字」が同じくらいの太さです。
0.38~0.5mmの細めのペンがお好きなら「極細」がぴったり。
字が大きい、筆圧が高めなら、「太字」「ズーム」といった太い字幅のペン先がいいかも。

※おーくぼの独断的意見ですので、厳密ではありません。あしからず。

hikaku_01.jpg


hikaku_02.jpg
※ペリカンやラミー、モンブランなどの海外メーカーの場合、日本のペン先と比べると字幅は若干太めなことが多いです。

安くないお買い物だと思いますので、お気に入りの一本をぜひ見つけてください☆

百貨店の文具売り場などでは、試し書きできるところも多いです。
実際に見たり書いたりするといいですよ♪

セーラー万年筆 公式オンラインショップ【 SAILORSHOP 】

書けなくなったボールペン、復活の裏ワザ?

どうもこんにちは、おーくぼです(._.)ペコリ
セーラーショップメルマガに掲載中の「知ってるとちょっといばれる話」。
第二弾はボールペン復活の裏ワザについてのお話ですよー(・v・)


インクはまだあるのに、ボールペンが書けなくなった…みなさんどうしますか?

検索すると、結構な数の裏ワザがでてきます!Σ(゜O゜)ワオ
裏ワザ中で多いのが「温める」そして「振る」。実際に試してみた方もいるのでは?

果たして、その裏ワザ、有効なのか…!?


■ ボールペンが書けなくなる理由



そもそもボールペンのインクは、約1~2年を目安に使い切っていただくことを前提としています。それを過ぎてしまうと、インクは劣化してしまうのです。
あまり意識されることがないのですが、インクにも“消費期限”があるんですよ奥さん! d(-v-)シッテタ?

劣化してしまったインクは、単純に冷え固まっているわけではない(乾燥や酸化している)ので、お湯につけたり温めたところでインクがでてくるのは一時的なもの。
ましてライター等で先をあぶると、ペン先だけでなく軸部分も焦げたり溶けたりする場合があり危険ですよ!
ダメ、絶対!(><;)


また「空気が入ったから書けないのでは?ボールペンを振ってインクを集めれば…」と、お考えの方。
空気が入ってしまった時から、インクは乾燥や酸化がはじまります。
つまりそのインクはすでに劣化しているのだ!…(´Д`)アァ…
ペンを振ることで、反対側からインクが漏れてしまう可能性もありますし、やっぱりやめましょうね。


ibareru_02.gif



■ 結論:インクの“消費期限”が切れたら替芯を!

購入から1~2年経ったボールペンが書けなくなったら、その時はボールペンの寿命です。
替芯のあるボールペンなら、取り替えてあげてください。

また、立って何かを書こうと思うと、思いのほかペンは上向きになっているもの。
上向きで書くと空気が入ってしまうので、水平より下向きで書くように、気をつけてあげてくださいね♪φ(.. )


セーラー万年筆 公式オンラインショップ【 SAILORSHOP 】

複合筆記具の芯の替え方

来週は、金環日食にスカイツリー開業!わくわくしますね、おーくぼです(._.)ドモ

さて、今日は、たまにお問い合わせをいただく「複合筆記具(ボールペン+シャープペンシル)の、シャープペンシルの芯の入れ方」についてご紹介しまっすd(・v・)

入学や就職などの記念に、複合筆記具をもらったという方も多いのではないでしょうか?

そろそろ使い始めて 「あれ、シャープペンの芯、どっから入れるの?」 という疑問がわくころですね。
上のキャップ外してもケシゴムしか入ってないし…ケシゴム外しても穴空いてないし…。

というわけで、写真とあわせてご確認ください↓↓↓(._.)ふむふむ


multi_01.jpg

2~6色ボールペンなども、ペンの先を外して芯を変えますよね。
シャープペンシルの芯も、ここから補充しますよ(・v・)


multi_02.jpg

これがちょっとドキドキなのですが、思いのほかガッチリとはまっているシャープペンシルの先。
でも必ず外れるようになっていますので、思い切って引き抜いてください。


multi_03.jpg

あとは、元に戻すだけでOK!
先ほど思い切って外したシャープペンシルの先は、元の通りにぐぐっと押しこんでくださいね。


ちなみに、ボールペンの替え芯も同じ要領ですよ☆

セーラー万年筆 公式オンラインショップ【 SAILORSHOP 】
プロフィール

スタッフ おの

Author:スタッフ おの
セーラーショップのスタッフ、おのです。
お酒に飲まれるのが得意。
オススメの芋焼酎は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR