書けなくなったボールペン、復活の裏ワザ?

どうもこんにちは、おーくぼです(._.)ペコリ
セーラーショップメルマガに掲載中の「知ってるとちょっといばれる話」。
第二弾はボールペン復活の裏ワザについてのお話ですよー(・v・)


インクはまだあるのに、ボールペンが書けなくなった…みなさんどうしますか?

検索すると、結構な数の裏ワザがでてきます!Σ(゜O゜)ワオ
裏ワザ中で多いのが「温める」そして「振る」。実際に試してみた方もいるのでは?

果たして、その裏ワザ、有効なのか…!?


■ ボールペンが書けなくなる理由



そもそもボールペンのインクは、約1~2年を目安に使い切っていただくことを前提としています。それを過ぎてしまうと、インクは劣化してしまうのです。
あまり意識されることがないのですが、インクにも“消費期限”があるんですよ奥さん! d(-v-)シッテタ?

劣化してしまったインクは、単純に冷え固まっているわけではない(乾燥や酸化している)ので、お湯につけたり温めたところでインクがでてくるのは一時的なもの。
ましてライター等で先をあぶると、ペン先だけでなく軸部分も焦げたり溶けたりする場合があり危険ですよ!
ダメ、絶対!(><;)


また「空気が入ったから書けないのでは?ボールペンを振ってインクを集めれば…」と、お考えの方。
空気が入ってしまった時から、インクは乾燥や酸化がはじまります。
つまりそのインクはすでに劣化しているのだ!…(´Д`)アァ…
ペンを振ることで、反対側からインクが漏れてしまう可能性もありますし、やっぱりやめましょうね。


ibareru_02.gif



■ 結論:インクの“消費期限”が切れたら替芯を!

購入から1~2年経ったボールペンが書けなくなったら、その時はボールペンの寿命です。
替芯のあるボールペンなら、取り替えてあげてください。

また、立って何かを書こうと思うと、思いのほかペンは上向きになっているもの。
上向きで書くと空気が入ってしまうので、水平より下向きで書くように、気をつけてあげてくださいね♪φ(.. )


セーラー万年筆 公式オンラインショップ【 SAILORSHOP 】
スポンサーサイト
プロフィール

スタッフ おの

Author:スタッフ おの
セーラーショップのスタッフ、おのです。
お酒に飲まれるのが得意。
オススメの芋焼酎は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR